So-net無料ブログ作成
検索選択

金利のタイプ [融資]

金利には「固定金利」と「変動金利」があります。
住宅ローンを借りる際、最も気になるのが金利です。
毎月の返済額をオンラインシミュレータで試算する際にも、金利タイプをどのようにするかで返済金額が全然違ってきます。
ではここで、それぞれの金利タイプのメリットとデメリットをご説明したいと思います。

まず固定金利とは、融資を受けている全期間同じ金利である「全期間固定金利型」があります。
変動金利とは返済の間毎年金融機関が見直しを行い設定される「変動金利型」と3年固定、5年固定などのように一定期間だけ固定金利が用いられる「固定金利期間選択型」があります。

「全期間固定金利型」のメリットとしては、融資を受けている期間に大幅に金利が上昇したとしても全く影響を受けずに、返済額が確定しており返済計画が立てやすいことです。
デメリットとしては、逆に金利が大幅に低下して安くなっても高いままの金利で支払わなければならないことです。
変動金利型」のメリットとしては、今の逆で融資を受けている期間に金利が下がればその分利子分が安くなり得をするというものです。
デメリットとしては、大幅に金利が上昇してしまったときに、当初の予定よりも返済額が多くなってしまい返済計画を立てにくいことです。
「固定金利期間選択型」のメリットとしては、先ほどの2つのちょうど中間で、固定期間中は返済額が確定しており安心でき、期間終了後に金利が下がれば得をするということです。
デメリットとしては、固定期間終了後に金利が上昇したら返済額が大きくなってしまうこと、固定期間後の返済計画が立てにくいことがあります。

具体的にはオンラインシミュレータで、融資金額、返済期間、金利などの数字を入れて金利タイプを3種類それぞれ選択し比較してみると、具体的な数字として金額の違いを知ることができます。
タグ:融資

共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。