So-net無料ブログ作成
オンラインシミュレータ ブログトップ

モビット [オンラインシミュレータ]

オンラインシミュレータでは、融資の借入金に対する毎月の返済計画が立てられるだけではなく、他に便利なことがあるのです。
それはキャッシングなどの融資を受ける際に差がつく、というものです。
これを導入しているのが、多くはノンバンクのローン会社です。
例えばモビットの例を挙げます。
ここに今すぐ50万円の融資を必要としているAさんとCさんがいたとします。
Aさんは、50万円の融資を受けるためにあちこちのローン会社を何軒もはしごして融資先を探しています。
Cさんは、自宅のパソコンから融資オンラインシミュレータに入力して即診断を受けました。
あっという間にBさんは50万円の融資を受けることができました。
Aさんは一日回ってやっと少しの融資を受けることができました。

このようにしてモビットの融資オンラインシミュレータでは簡単な情報をパソコン上で入力するだけで、融資できるかどうかをすぐに判断してくれます。
融資可能金額がすぐに表示されて、そのまま申込みをすることまでできます。

モビットでは、このようにして最高300万円までの融資が受けられます。
起業資金、会社の運営資金、住宅ローン、教育ローンなどじっくりと考えて融資を受ける場合に返済計画を知るための手段として活用されるオンラインシミュレータ
このようなサービスがあることを知っていると知らないとではいざというときに違いが出ます。うまく活用していきましょう。
タグ:融資

共通テーマ:マネー

オンラインシミュレータ 活用例 [オンラインシミュレータ]

実際に、いくら借りたらいくらの利子を払わなければならないのか。
考えてみたいと思います。
例えば、1,000万円を5年で金利3%のときに借りた場合。
1,000万円×0.03(3%)÷60ヶ月(5年)=毎月の返済額。
このような単純計算だと思っていませんか。
これは間違いです。

実際は借入残高に対して利率が毎月かかるので、このような計算方法では合わないのです。
融資を受ける際は、このような返済計画をきちんと考えてから借りる必要があります。
しかし自らでシミュレーションするのは大変です。
エクセルなどの表計算を活用して作れないことはありませんが、大変困難な作業です。

そこで活用したいのが、融資のオンラインシミュレータです。
金融会社はもちろんのこと、ローン会社、商工会議所、不動産会社などオンライン上でシミュレータを公開しているサイトが多数あります。
支払い条件、融資金額、返済年数(回数)、利率などを入力すれば簡単に返済計画をシミュレータが明細化してくれます。
こうすることで、自分がいくらまで融資を受けることが可能かわかり、毎月の返済計画を立てることもできるようになります。

中小企業など向けに、運転資金や設備資金などの借入金額を入力し、さらに利率、借入日、毎月の返済日、返済回数などを入力するオンラインシミュレータもあります。
個人向けの住宅ローンなどの場合は、住宅展示場や相談会に行くと無料で相談に乗ってくれて、返済シミュレータなどで計算してくれます。
それぞれケースに合わせ、ぜひ活用してみましょう。

共通テーマ:マネー
オンラインシミュレータ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。