So-net無料ブログ作成
検索選択

つなぎ融資 [融資]

つなぎ融資は購入物件の引渡し日から融資開始日までの間、一時的に受ける融資のことです。
住宅金融公庫などの住宅ローンでは物件の抵当権を実際に取得した後でなければもらえません。
抵当権を取得するには、不動産会社に代金支払いをして物件を自分のものにしなければなりません。
ですから他の銀行などから融資を受けて不動産会社に代金を支払います。これが、つなぎ融資です。
これで公庫から融資が開始されるのです。実際に開始された公庫の融資のお金で先ほどのつなぎ融資分のローンを銀行へ返済します。

他にもつなぎ融資を利用するケースがあります。
住宅を買い替える際、実際に売却代金が手元に入るまでの間利用するのです。
また事業においても売掛金回収するまでのつなぎとして、需要が見込まれる時期までのつなぎとして、一括仕入れを行う時期などに利用されます。
その他にも銀行融資を待っていると工期に間に合わないのでつなぎ融資を利用するという人もいました。

当然、つなぎ融資にも諸費用がかかります。
これらの手数料、預かり金、印紙代などの諸費用をオンラインシミュレータで計算することができます。
実際のつなぎ融資金額、返済期間を入力すると諸費用が試算できます。
つなぎ融資を検討する場合にぜひご利用下さい。
財形住宅金融ホームページなどに掲載されています。
ここには全体の資金計画を立てるオンラインシミュレータや財形融資諸費用を計算するオンラインシミュレータも掲載されています。うまく利用して、ゆとりのある借入計画を立てましょう。
タグ:融資

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。